糖質制限がつらい時にはこれを試して!つらくない糖質制限ダイエットの方法を教えます

糖質制限をしていて、「つらいな」と感じるときはどんな時でしょうか?

実は筆者もたまーに思うときあります。

多分多いものとしては、

  • 頭がボーっとする、フラフラする
  • 食べるものを考えるのが面倒い、食べるものがいつも一緒
  • 甘いものが食べたい
  • 思ったように体重が減らない
  • 飲み会に気軽に参加できない

こんな理由でつらいと思う方が多いのではないでしょうか?

 

今回はそれらの解決方法について。

筆者が乗り越えてきたとっておきの方法をお教えします。

 

スポンサードサーチ

糖質制限つらい時①:頭がボーっとする、フラフラする

糖質制限 つらい

筆者も何度かありました。

糖が足りてないと脳がエネルギー不足になって血糖値が低い状態が続き、フラフラしてしまうことがあります。

特に糖質制限を始めたころは、身体がまだ糖質がない状態に慣れていないので、こういったフラフラが起きやすくなります。

体が糖のない状態に慣れ、「ケトン体」を上手く作り出せるまでは特にこういった症状が起きやすいです。

よってこの頭がボーっとする、フラフラする状態は、体でケトン体をうまく作り出してあげられるようにすることで改善します。

ケトン体とは
通常、人間の体は糖をエネルギー源として活動します。
エネルギーを作る際にこの糖が足りない場合、蓄積されてきた脂肪を燃焼してエネルギーに変換しますが、この脂肪からエネルギーをねん出する際に体内で発生させる必要がある物質が「ケトン体」です。

繰り返しになりますが、体でケトン体をうまく作り出してあげられるようにすることで、脳のエネルギー不足をなくし、結果頭がボーっとする、フラフラする、といった症状を改善することが出来ます。

また、体でケトン体をうまく作り出せるようになると脂肪も燃焼されるので、減量もスムーズに進みます。

 

では体でケトン体をうまく作りだしてあげるためにはどうすればいいか?

1日に少量の「あるもの」を摂ることで、脂肪を「ケトン体」に分解する効率を良くする方法があります。

それは、「MCTオイル」。

1日に15g(大さじ1杯程度)のMCTオイルを摂ることで、エネルギー不足とダイエットの効果アップが期待できます。

CMでも長谷川潤さんが宣伝してますね。

MCTオイルとは?

ココナッツやパームに含まれる、「中鎖脂肪酸」の食用油のこと。

他の油・脂質に比べて、以下のような特徴があります。

  • 素早く体内に取り込まれて代謝される
  • 即効性のエネルギー源となる
  • ケトン体を作り出す手助けをしてくれる
  • 脂肪として体内に蓄えられない
  • 空腹感を感じにくくなる

筆者も毎朝のコーヒーに大さじ1杯のMCTオイルを混ぜ、飲むようにしています。

このMCTオイルを摂るようになってから、空腹感を感じにくくなり、頭のフラフラもなくなりました。

糖質制限ダイエットには、強い味方となってくれるオイルです。

 

MCTオイルはケトン体を作る手助けをしてくれ、エネルギー源として活躍してくれるので、頭がフラフラする状態の改善にも多いに期待できます。

MCTオイルのコスパ

MCTオイル1本のお値段は少々お高めです。

でも、1日15gでいいので1本買ってしまえばながーく使えます。

ので、買うなら大容量がおすすめです。

 

 

糖質制限がつらい時②:食べるものを考えるのが面倒、食べるものがいつも一緒

ずっと続けてると、食べるものを考えるのが面倒になってきますね。

これはね~、どうしようもないです(笑)

これは簡単な解決策などはなく^^;

もう、筆者の場合は、「いきなりステーキ」とか「ステーキガスト」とか
ステーキ屋さんに行って、おいしいお肉をお腹いっぱい食べる、くらいですかね。

あとは切ってレンチンするだけのお野菜とか。

焼くだけお肉を買ってくる、とかです。

チートデイを設ける

あとはチートデイ。

この日は好きなものを好きなだけ食べる!って日をあらかじめ決めて、その日はほんと好きなだけ食べます。

あらかじめ日にちを決めておけば、ダイエットも更にやる気が起きますね!

チートデイは定期的に設けるのがおすすめです。

でも1週間に1回とかやってしまっては意味がないので…1ヶ月に1回くらいが妥当な気がします。

筆者もチートデイは定期的にやってます。

ちなみにこないだやった時には、総摂取カロリー4,800キロカロリーでした。

が、その後しっかり痩せてます。やり方を間違わなければ、チートデイの後はそれまで以上に体重が減りますよ。

詳しくはこちらに書いてあるので、よかったら読んでみてください^^

ダイエット停滞期 チートデイの食事内容 4,800カロリー摂取した結果は!?

 

スポンサードサーチ

糖質制限がつらい時③:甘いものが食べたい

甘いものは我慢する必要なし!

今は糖質オフのスイーツがたくさんありますから。

それをうまく活用しましょう。

 

筆者がよく食べているのは、ローソンのスティック型チーズケーキ「ブランのチーズケーキ」。

糖質制限 つらい

これで糖質8g!ですごーくおいしいです。

後スコーンとかも売ってますね。

糖質制限 つらいときの対処法

ローソンのロカボスイーツはほんっとに優秀です。

何かとローソンによって、ロカボスイーツを買いあさってます(笑)

でも人気なのか、行ってもないときが多いんですよね~。

ローソンさんにはぜひ在庫を増やしていただきたい。

あったら即買いですね(笑)

 

糖質制限つらい時④:思ったように体重が減らない

原因としては以下が考えられます。

  • 糖質制限を始めて間もない
  • 糖質制限のやり方を間違っている
  • 便秘気味
  • 生理周期によるもの(女性限定のお話)
  • 停滞期

糖質制限ダイエットをしているのに、思ったように体重が減らない場合、上記のような原因が考えられます。

糖質制限を始めて間もない場合
身体から糖が完全になくなるまで様子を見る必要があるので、3~4週間ほどは我慢してみるべき。

糖質制限のやり方を間違っている
案外多いのはこの原因。
もう一度控えるべき食材を見直してみる。特に調味料には要注意です。
(食材や調味料の糖質量一覧はこちら→炭水化物(糖質)が少ない食べ物と調味料!一覧表これだけ理解しておけば大丈夫!

便秘
糖質制限を始めると便秘になる方が多いです。
理由は炭水化物の摂取量が減るから。(炭水化物には食物繊維が豊富に含まれています。)
こちらは水分を多く摂ることが重要です。

生理周期
生理周期に関しては、女性限定のお話になってしまいますが、生理後まで様子を見るべきです。

ざっと説明しましたが、以前にこの件については別の記事でまとめてます。

体重が減らない場合の原因と対策についてかなり詳しくまとめてますので、よかったらどうぞ。

糖質制限で痩せない原因は?その4つの理由と対策について

停滞期にはチートデイを設けよう

上記記事では書いていない「停滞期」について。

こちらは、定期的にチートデイを設けることによって解決できます。

チートデイに関してと、実際のチートデイのレポートはこちらにまとめてます。

ダイエット停滞期 チートデイの食事内容 4,800カロリー摂取した結果は!?

(つらい原因②で載せたものと一緒です。)

チートデイは基本、たくさん食べても大丈夫です。

1ヶ月に1回ほどのペースが理想かなと考えますが、ストレス解消にもなって、一石二鳥です。

 

スポンサードサーチ

糖質制限つらい時⑤:飲み会に参加できない

これ、よく勘違いしている方多いんですが、飲み会には参加しても全然大丈夫なんです。

糖質制限中でも、食べ物や飲み物に多少気を付ければ、飲み屋さんでも全然飲む&食べれます。

よくダイエット中はお酒は控えるべきという固定概念がありますが、糖質制限ではお酒の種類を選べばどんだけ飲んでも大丈夫です(笑)

糖質制限中に飲んでもいいお酒

・焼酎
・ウィスキー
・ブランデー
・ジン
・ウォッカ
・ラム

これらはなんと、糖質0gのお酒です。

よって、割りものを間違わなければ、糖質制限中でもお酒は全然飲めますね。

くれぐれも割りものに糖質が多いものを選ばないよう、気を付けて下さい。

おつまみに関しては、お肉系やお魚系、枝豆や冷奴など、糖質制限中でも選べば飲み会にも気軽に参加できます。

ストレスをため込まないためにも、飲み会には糖質制限中でもぜひ参加しましょう。

 

まとめ:糖質制限がつらい時には我慢しすぎないことが大切

ダイエット全般に言える事ですが、何よりも重要な事は「継続」すること。

そのためにも我慢しすぎないように、息抜きをしつつ適度に頑張るのが一番の近道です。

筆者は今まで様々なダイエットを試み、ことごとく失敗してきました。

例えば、極端な食事制限。1ヶ月半で8キロもの減量に成功しましたが、日中はフラフラ仕事に身が入らない、結局リバウンドし、ダイエット前以上に太ってしまいました。

(その時の体験談はこちら→カロリー制限ダイエットで1ヶ月半で8キロ減量 絶対におすすめできない不健康ダイエット

1ヶ月で痩せるべき体重

1ヶ月で痩せて良い体重は「現在の体重の5%まで」とよく言われます。

例えば、60kgの人は1ヶ月に3kgまでの減量に抑えておくべき、ということです。

そうしないと、リバウンドしやすくなり、健康的に痩せることも不可能になります。

糖質制限は一番理にかなったダイエット法

そう考えると、人間の活動や筋肉に大切なたんぱく質をしっかり摂取し、糖質を抑えてダイエットすることは、長い目で見ても一番効果的であり、健康的にも良いのです。

一番理にかなったダイエット法と言えます。

筆者も現在では8キロのダイエットに成功しました。

今もまだ継続中ですが、1ヶ月で2.5キロくらいずつ減っている計算です。

糖質制限がつらい時は我慢しすぎない

糖質制限ダイエットがメジャーになりつつある今、色々なメーカーがこぞって糖質制限用のロカボ商品を開発してます。

これをうまく活用しない手はありません。

どれも本当によくできています。

糖質制限しつつも、つらいときは我慢しないで多少息抜きをしつつ、健康的な自分を目指して「継続」していきましょう。

 

以上、最後までお付き合いありがとうございました。

 

スポンサードサーチ

こちらの記事もおすすめ

辛くない確実なダイエットで15キロ減量 糖質制限は絶対に痩せるおすすめの方法

ダイエット実際の食事内容 短期間で簡単に痩せた方法 カロリーは一切気にしない!