ダイエット経過報告 3ヶ月で6キロの減量に成功! やってきた事の振り返り

2019-09-02

マイナス6キロ達成!

約3ヶ月でここまで減量出来ました。(ただ途中でGWなどでお休み期間をはさんでいるので、実質2ヶ月半くらい)

今回はダイエットの途中経過と、体重管理アプリのグラフを載せつつ、やってきたことの振り返りをしていきます。

今まで色々なダイエットにことごとく失敗してきた筆者でも、短期間で6キロの減量に成功しました。

まだまだ途中ですが(目標はマイナス15キロ)、とりあえず結果が出たので、同じく悩んでいる方の励みになればと思い、やってきたことを書いていきます。

 

スポンサードサーチ

体重の比較

最初に書きましたが、マイナス6キロの減量です。(細かく言うと、6.6キロ)

以下詳細な体重や体脂肪を晒します。

ダイエット開始時

  • 身長:160センチ
  • 体重:62.1キロ
  • 体脂肪率:25.1%
  • BMI:24.3

身長から体重を引いて100残らなかったので、さすがにやばいと思い、ダイエット開始しました。

人生でMAX体重です。何より写真に写った自分に唖然。

 

ダイエット途中経過(ダイエット開始から3ヶ月)

  • 身長:160キロ
  • 体重:55.5キロ
  • 体脂肪率:21.8%
  • BMI:21.7

体重アプリだとこんな感じのグラフになっています。

糖質制限ダイエット 体重の記録 経過ブログ

(ダイエット開始3週間ほどは記録つけていません。)

 

増減の波はあるにしろ、確実に減っています。

この定期的にくる増減に関しては、女性ならではの悩みかもしれません。

この増減の波に関してはまた別でまとめられたらと思ってます。(筆者的にはこの波に合わせてダイエットするのがおすすめ。)

(男性の方には関係ない話でごめんなさい。)

 

とりあえず今現在まで、このような遷移で減量してます。

こうやってグラフ化すると、やる気もさらに起きるので、おすすめです。

6キロ減ると結構変わるみたいで、会う人会う人に「痩せたね!」っていってもらえます。

写真に写ると一目瞭然です。

 

短期間で6キロの減量に成功 やってきたことを振り返り

他の記事にも書いていますが、筆者が実践している方法は「糖質制限ダイエット」です。

別名「炭水化物抜きダイエット」「糖質オフダイエット」「ロカボダイエット」なんて言われてますね。

 

糖質を制限すると痩せる仕組みについては、他の記事に記載済みなので、こちらを見てもらえればと思います。

辛くない確実なダイエット 糖質制限は絶対に痩せるおすすめの方法

 

食事に気を付ける 糖質を制限するだけ

ちなみに運動は一切していません。「糖質を制限するだけ」です。

カロリーも一切気にしていません。それでも3ヶ月で6キロ減量出来ました。

30代前半なので、代謝もよくありません。出産も経験済みですので、若い子に比べてすごく痩せにくいのです。

それでも3ヶ月で6キロの減量に成功しました。

日々の食事を気を付けるだけです。糖質の量をコントロールするだけ。

毎食の食事に関しては、写真付きで食事内容をまとめてます。

ダイエット実際の食事内容 短期間で簡単に痩せた方法 カロリーは一切気にしない!

ほんとに糖質を制限するだけで、好きなだけ食べて、カロリーは一切気にしてないです。

(見てもらえば分かるはず。)

 

筋トレや運動は必要か?

糖質制限はライザップも取り入れているダイエット法です。

ちなみにライザップでは筋トレやっているけど、やる必要はあるのか?

筆者はここまで減量するのに、筋トレはほとんどしていません。

していなくても減量はできます。

ただ、見た目を引き締めるためや、リバウンド防止のため、基礎代謝をアップさせて痩せやすい身体をつくるため、などの理由から筋トレはやって損はありません。

筆者はとにかく、面倒くさいことが嫌い、大変な事が嫌い、ズボラなため、筋トレはほとんどやっていません。

でも正直な話、リバウンドに関しては少し怖いのです。

なので、今後は筋トレが課題かな、と思っています。

もちろんライザップほどの高負荷で大変な筋トレをするつもりはありませんが、最低限の筋力を失わないためにも、ちょっとした筋トレは取り入れていこうかなと考えています。

 

スポンサードサーチ

今後の課題

6キロの減量に成功したとは言っても、まだまだ途中です。

なんたって目標はマイナス15キロの減量ですから。まだ半分も減ってません(笑)

 

ダイエット開始から3ヶ月、順調に減ってきました。

きっとここから「停滞期」というヤツが来ると思います。

それを乗り越えるためにも、リバウンドしないためにも、見た目を引き締めるためにも、今後の課題としては、筋トレを少しずつ取り入れていくことです。

 

まとめ

最後は「今後の課題」というあまり役に立たない情報となってしまいましたが、このブログを読んで少しでもダイエットに前向きになってもらえたら嬉しいです。

筆者は万年ダイエッターでした。

社会人になり、不規則な生活から体重の増減を繰り返し、数々のダイエットに失敗。

しまいには妊娠、出産を経て、MAX体重まで増えてしまいました。

そんなダメダメな筆者でも痩せることが出来るんです。

特に食べるのが好きで運動が苦手な方、糖質制限ダイエットがおすすめです。

ダイエットしたい!と思ったら、始めてみましょう。

そして、ぜひ一緒にがんばりましょう。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

ランキング参加中。もしこの記事が気に入ったら、ぽちっとしてください^^

にほんブログ村 ダイエットブログへにほんブログ村

ダイエットランキング